雑記

【2019スーパーラグビー】サンウルブズ試合結果の速報!メンバーや日程

ついに2019年度ワールドカップイヤーのスーパーラグビーが始まりましたね!

日本から唯一参戦、出場しているサンウルブズの初戦は2/16の対シャークス戦でした。

スーパーラグビー2019 初戦(第1節) 試合結果

キックオフホーム試合状況ビジター試合会場
2/15(金)
15:35 
チーフス27 - 30試合終了ハイランダーズNZ・ハミルトン
2/15(金)
17:45 
ブランビーズ27 - 34試合終了レベルズ豪州・キャンベラ
2/16(土)
15:35 
ブルーズ22 - 24試合終了クルセーダーズNZ・オークランド
2/16(土)
17:45 
ワラタス19 - 20試合終了ハリケーンズ豪州・ブルックベール
2/16(土)
19:55 
サンウルブズ10 - 45試合終了シャークスシンガポール
2/16(土)
24:15 
ブルズメンバー試合前ストーマーズ南アフリカ・プレトリア
2/17(日)
6:40 
ジャガーズ - 試合前ライオンズアルゼンチン・ブエノスアイレス

スーパーラグビー2019 サンウルブズ 初戦(第1節) 試合結果

キックオフ:2/16(土)19:55 試合会場:シンガポール国立競技場(シンガポール)

 サンウルブズ                            シャークス
1010前半2445
0後半21
試合終了
TGPGDGDGPGGT
1110前半0133
0000後半0033
 

スーパーラグビー2019 サンウルブズ 初戦(第1節) 出場メンバー

サンウルブズメンバー

背番号選手名
1クレイグ ミラー
2ジャバ ブレグバゼ
3ヴァルアサエリ 愛
4トンプソン ルーク
5ジェームス ムーア
6ツイ ヘンドリック
7エドワード カーク
8ラーボニ ウォーレンボスアヤコ
9茂野 海人
10ヘイデン パーカー
11レネ レンジャー
12フィル バーリー
13シェーン ゲイツ
14セミシ マシレワ
15ゲラード ファンデンヒーファー

サンウルブズ リザーブメンバー

背番号選手名
16坂手 淳史
17サム プラットリー
18山下 裕史
19ヘル ウヴェ
20松橋 周平
21内田 啓介
22松田 力也
23マイケル リトル

シャークスメンバー

背番号選手名
1テンダイ ムタワリラ
2アーマンド ファンデルメルベ
3コーニー ウーストハイゼン
4ハイロン アンドリュース
5ルアン ボタ
6ヨハネス ファーミューレン
7タイラー ポール
8ダニエル デュプレア
9ルイス シュラウダー
10ロベール デュプレア
11マカゾレ マピンピ
12アンドレ エスターハイゼン
13ルカンヨ アム
14シブシソ ヌコシ
15Aphelele Fassi

シャークス リザーブメンバー

背番号選手名
16ケロン バンブーレン
17ジュアン ショーマン
18クスザニ ムチュヌ
19ギディオン コイージェレンバーグ
20Phendulani Buthelezi
21キャメロン ライト
22レイノー スミス
23ジェレミー ワード
会場シンガポール国立競技場観客数
レフリーNic BerryアシスタントレフリーMinoru Fuji/Marius Van Der Westhuizen/AJ Jacobs

引用:https://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/rugby/stats/superrugby/score/2101255/

スーパーラグビー2019 サンウルブズ 初戦(第1節) 試合を見ての総評

個人的に、サンウルブズの試合を見てきて今日の試合はあまり出来が良くなかったですね。

試合開始早々に、シャークスバックスライン裏へのキックのバウンドが走り込んだサンウルブズセンターのシェーン・ゲイツの手に入り、そのままゴールへ抜けてトライ。

このトライで、流れが掴めるか!?と思ったのですが、そのあとはズルズルと流れをシャークスに持って行かれてしまいました。

敗因はいくつか挙げられるのですが、下記4つが目についた点です。

  • スターティングメンバーのスクラム
  • セットプレーのミス
  • ペナルティが多かった
  • ハンドリングエラーが多かった

後半開始10分で、フロントの3人を全員交代させた後はなんとか踏ん張りスクラムも安定していました。

結果論ですが、ここはもっと早く手を打った方が良かったかなと思いましたね。

ペナルティからのタッチキックでゴール前に行っても、ラインアウトのミスがありました。

ゴール前ラインアウトから、モールも押し切れずラックを続けるも孤立してジャッカルされてノットリリースザボールを取られるなど、ゴール前のアタックも精彩を欠いていましたね。

それに反して、ゴール前のデフェンスではシャークスのラインアウトモールで再三トライを許す展開でした。

スーパーラグビー2019 サンウルブズ 初戦(第1節) 試合を見ての感想

今回は、日本代表組は合宿でサンウルブズには参加せずでした。そのため、日本代表以外のメンバーが多く連携や組織的な面でまだまだ意思統一ができていないのが露呈しました。

個人個人では全く負けていなかったように見えましたが、その個人で勝負するシーンまで持っていけなかったのが敗因ですね。

粘り強くしぶといデフェンスは影を潜め、セットプレーでボール確保ができずにメンタル的にも途中で切れていたように見えました。

後半開始早々のレネ・レンジャーの脚の負傷も痛かったですね。代わりに松田力也選手が出てきて、それはそれで良かったと思うのですが、もうちょっとレンジャーのアタックを見たかったです。

どうしても、サンウルブズは日本代表との兼ね合いがあるのでメンバーが大きく変わってしまいます。

今回もワールドカップイヤーということで、代表合宿がある時とない時で大きくメンバーが変わるでしょう。

次節は秩父宮でワラタスとの試合なので、リセットし修正してもうちょっと内容のいい試合をして欲しいですね。