ネットビジネス

ブログを収益化させるキーワード選定方法

こんにちは!ごまです。

このサイトを立ち上げて半年以上経ちました。

趣味半分で興味があることを書き続けてきたこのサイトですが、やはりページによってアクセスの差がだいぶあります。

記事を書けば勝手にアクセスが集まると思ってた書き始めたこのブログ。

やはりそんなに甘くありませんね(笑)

僕自身がそうだったのですが、最初のうちは書きたいことを書きたいように書いていました(笑)

その結果、やはりというべきか・・・

検索から来る読者の人などいるはずもなく、アクセスは全く増えませんでした。

しかし、ある時から「ある記事」がGoogleやYahooの検索からアクセスが来るようになりました。それは、新店の情報を書いた記事でした。

お店が新しく、場所が中心地ではなくちょっと離れたところだったので、そのお店のことを書いたサイト自体がほぼなかったのです。

なぜその記事だけがアクセスがあり、他の記事には検索でアクセルがないのか?について調べ始めました。

色々な知識を身につけて、キーワードや検索ボリュームについて学び出すとアクセスが集まる記事とそうでない記事の違いがわかるようになってきました。

有料の商材や無料でもかなりの数の情報を収集してきたので、今日はブログを書く上で必要なキーワード選定についてまとめてみます。

タイトルとキーワードを関連づける

キーワード選定をしていないサイトは検索されない

冒頭でも書いたように、書きたいことを書いていてもアクセスは増えません。

なぜか?

  1. そもそも、その情報を検索している人がいるのか?
  2. 検索している人は、どんな言葉で検索を掛けているのか?

この2つの視点が欠けていたのです。

それまでも、わかってはいるつもりだったんですよ。キーワードを見出しに入れて記事を書くとか、小手先のノウハウは本などで学んでいたのです。

しかし、後から自分の書いた記事を改めて見直してみるとキーワード選定が正しくできていませんでした。

キーワード選定をしていないということは、

  • そもそも検索されていない情報を発信している
  • 検索されている言葉を正しくサイトに設定できていない

これらの可能性が高いです。

もしそうだとしたら、とても悲しいですよね。。。

せっかく一生懸命書いた記事が、読まれない。もし読まれれば喜ばれるかもしれないが、正しいサイトの設定ができていないために喜ばれる人まで届かないということです。

せっかく記事を書くのであれば、色んな人に読んでもらいたいですよね!

キーワード選定をする意味

先ほども書きましたが、キーワード選定をする意味としては、

  • 検索されているワードかどうかを調べる
  • 検索されやすいワードの組み合わせを調べる

こんな意味合いがあります。

つまりは、自分が発信したいことは「どのような言葉」「どのくらいの人が欲しているのか?」を記事を書く前に下調べしましょうということです。

キーワード選定を正しく行えるようになると、自分が伝えたい情報を自分の情報が役に立つ人へ効果的に届けることができるようになります。

それでは、続いてキーワード選定を行う上で必要なツールについて書いていきますね。

キーワードプランナーはヒントがいっぱい

キーワード選定を行う上で欠かせないのが、キーワードプランナーです。キーワードプランナーはGoogleが提供しているサービスです。

今は多くの人が検索するときには、「ググる」という言葉があるくらいにGoogleを使って調べる人が多いですよね。

キーワードプランナーを使うことで得られるメリット

  • キーワードが月間にどの位検索されているのか?がわかる
  • キーワードが他のどんな言葉と一緒に検索されているのか?がわかる
  • キーワードに広告がいくら位でついているのかがわかる
  • キーワードに広告主が多いか少ないのかがわかる

こうみると、使わない手はないですよね?(笑)

サジェストツールで得られるタイトルのヒント

サジェストツールとは、1つのキーワードに対して関係がありそうな言葉を教えてくれるツールです。

サイトを作って、記事を作っていくとテーマに行き詰まる時があります。そんな時に関係がありそうなキーワードを探す時などに使えますよ。

例えば、サッカーについてのブログを書いていて、何を書こうかなぁ?と悩んだ時にサジェストツールで検索を掛けてみると・・・

このように、サッカーに関連する検索されている言葉がずらっと出てきます。この画像は、関連キーワードで検索した時の検索結果です。

左上のGoogleサジェストという項目が、検索数が多い言葉です。この言葉をキーワードに記事を作ると、検索量が多いため見られる可能性が高いということですね。

オススメのサジェストツール

関連キーワード

goodkeyword

キーワードプランナーで検索するときには「新しいキーワードを見つける」を使う

キーワードプランナーの用語

初めてキーワードプランナーを見る人は、どの項目や数字を見れば良いのかがわからないと思います。

関係がある項目や意味について書いていきますね。

キーワードプランナーにアクセスする

キーワードプランナーはGoogleのアカウントがあれば誰でも無料で使えます。Google広告というサービスの中の1つの機能です。

広告主向けのサービスなのですが、キーワードを調べる際には役に立ちます。検索されるGoogleが提供している情報なので、信頼できる正確な数字ですからね。

今回は、左側の新しいキーワードを見つけるからキーワードを見ていきます。

   

キーワードもサッカーにしましょう。

「検索ボリューム」でニーズの量をなんとなく掴む

まず、最初に見る項目は検索ボリュームです。これがGoogleで検索されている数を表しています。

つまり、この数が少ないものほど「ニーズがない」「検索されていない」言葉、キーワードということです。

僕のサイトも、調べてみるとアクセスが少ない記事のキーワードは少ないものばかりでした。。。

タイトル、見出しに検索ボリュームが少ない言葉しか使われていなかったのです。

「月間検索ボリューム」という欄をクリックすると、ボリュームの多い順や少ない順に並び替えができます。

やはり、サッカーは検索数が多いですね。

当然、この検索ボリュームが多い言葉をキーワードにしてSEO対策が上手にできれば検索結果の上位に表示されて、アクセス数が増えます。

ただし、当然のことながら検索ボリュームが多いキーワードは、 使われやすいので競争が激しくなります。

上位表示されるには、記事の質や読みやすさも必要になってきます。

ドメインパワーがないうちは、ロングテールキーワードを狙って50以上を狙うとよいでしょう。

無料で使える検索ボリュームチェックツール

キーワードプランナーの無料版だと、検索ボリュームもざっくりしかわかりません。1万〜10万と表示されているだけで、1万と10万だと全然違いますよね。。。

そこで、無料で使えるツールがこちら。

Ubersuggest

英語なので、英語が苦手な方は抵抗があるかもしれませんが一度使ってみれば使い方は簡単なのでぜひ使ってみてくださいね。

Ubersuggestで検索ボリュームの詳細がわかります。

まずはキーワードプランナーでざっくりボリュームを見て、いくつかのキーワードをピックアップした上でそれぞれの検索ボリュームをUbersuggestで調べるのがオススメです。

 

「競合性」は広告主が見るべき項目

検索ボリュームの隣にある「競合性」という列ですが、これはブログを書く側はあまり気にしなくても良いかと思います。

広告主がこの言葉に対して広告を出している競争率のことなので、あまり関係ないです。

アフィリエイトやSEO対策の情報発信をしている人の中には、この競合性は低いほうがいい。SEOで有利という人もいますが、真相はわかりません。

良質なコンテンツを作っていれば、競合が高くても上位表示とれます。

「入札単価」はアドセンスのクリック単価と連動している

さらに右側には、入札単価という列がありますね。これは、広告主が支払っている広告料です。

つまり、Googleアドセンスを貼っている人は、ここの金額が高いキーワードで表示されればクリック単価が高い広告が表示される可能性が高いということです。

複数のキーワードで悩んで、どちらでも記事が書けるなーという時には、ここの単価を見て高い方を選ぶというのも1つの選択肢だと思います!

 

まとめ

  • キーワード選定は検索ボリュームがある程度あるものを選ぶ
  • 検索ボリュームは、キーワードプランナーとUbersuggestで調べる

検索ボリュームがある言葉をキーワードにして、SEO対策をした良質な記事が書ければアクセスは集まってきます。

逆に、検索ボリュームがないキーワードで記事を書いても、誰も探してくれないのでアクセスはいつまでたっても増えません。。。