ライフハック

福岡で急速にエリアを拡大しているシェアサイクリング HELLO CYCLINGとメルチャリどっちが便利?

以前の記事でも書いた、
シェアサイクリングが劇的に台数、ポートを増やしているようですね。

たった1分4円の料金で乗れるメルチャリの使い方福岡でサービスが始まったメルチャリ。実際に使ってみた感想、使い方についてレビューしました。使ってみて初めてわかったこと、疑問点などを調べています!...

HELLO CYCLING

福岡のポートの現状

2018年9月時点 

福岡市内中心部でこれだけの数のポートがあります。

セブンイレブンやローソンの店舗駐車場に設置していることが多く、
よく目につきますし便利ですよね。

 

今年2018年の5月時点でのポートの状況がこちら

だいぶ増えたのがよくわかりますね。

 

 

2018年9月時点の福岡県だとこんな感じ。

まだ北九州エリアは全くないようですね。

そして、宗像エリアも多いですね。
観光客が多いエリアだからでしょうね。

古賀や新宮の方面も徐々に広がっていきそうな気もします。

スマホで見るとこのような画面で、自分のいるエリアの状況を確認することができます。

パソコンやスマホからでも、ポートの状況や貸出可能な台数がわかるので
非常に便利ですね。

メルチャリのポート数の変化

左が5月、右が9月です。

明らかにポートは増えてます。

 

ただ、気になるのがポートの貸出可能数が0のところが多いということ。
観光客を中心に、利用者がそれだけ多いということかもしれませんね。

ハローサイクリングは電動自転車が15分60円、丸々1日24時間借りても1,000円です。

さらに、細切れで借りても24時間以内であれば合計金額は1,000円を超えることはないので、タクシーなどを使うよりははるかにお得に利用できますね。

ハローサイクリングの使い方

  

 

 

ナナコや交通系ICカードも対応しているようなので、
カードを持っていて、貸出可能な自転車があれば簡単に使うことができるようですね。

いずれ、通勤などにも使われるようになるかもしれませんね。

福岡の市内近郊で電動自転車があれば、15分〜30分あれば中心部まで行けるでしょうからね。

ハローサイクリングの利用料金

*自転車の種類によって金額が違うようですが、今の所1種類しかみたことがありません。

1日片道で30分未満なら、120円

往復で240円です。

20日利用でもたった4,800円!!

電車やバスの定期より安いですね。時間の縛りもなく、運動にもなって節約にもなる。

排気ガスの環境問題にも貢献できるでしょうし、渋滞緩和にもなるのであれば
福岡の交通事情を変えるかもしれませんね。

いずれ、法人の福利厚生も対応になる可能性もありますね。
あとは、もうちょっと自転車と車の通る道路の環境整備があればベストですね。

メルチャリとハローサイクリングはどっちが便利?

現状では、特徴が明確に分かれているように感じます。

メルチャリの特徴

  • 市内中心部に多い
  • アプリを通してのクレジットカード決済、コンビニ決済
  • 電動ではない自転車がメイン
  • アンドロイド非対応

ハローサイクリングの特徴

  • コンビニの駐車場に多い
  • 中心部よりもちょっと外側に多い
  • 交通系ICカードに対応
  • 電動自転車がメイン

こんな感じですね。

料金はメルチャリが1分ごとに4円なので、ハローサイクリングが15分毎という点では、使用時間が短ければメルチャリの方が安くはなります。

そのため、
メルチャリは近距離で短時間の利用者
ハローサイクリングは長距離や長時間の利用者、終日使うなどの人向けだと思います。

福岡市民は、利用シーンに応じて使い分けられるのは便利で助かりますね。