雑記

プリンセス駅伝 岩谷産業 飯田怜選手が流血しながらタスキをつなぐ

2018年10月21日福岡県宗像市・福津市で第4回全日本実業団女子駅伝予選会こと「プリンセス駅伝」が行われました。

クイーンズ駅伝への出場をかけたこの全国統一予選で、全国の強豪が出場していました。

岩谷産業 第2区の飯田怜選手が負傷

第3区へとタスキをつなぐ中継地点の手前200mのあたりで、岩谷産業第2走者の飯田怜選手が負傷(捻挫?)のため走れなくなりました。

足首をつけることなく、四つん這いで膝を擦りながらゴールまで約200m進みました。TBSの中継では実況もコメントが出なかった様子。

ツイッターでの反応

 

 

この姿を見て、Twitterでは、最後まで諦めることなくタスキをつなぐ姿を讃えるコメントと、どうにかならなかったのか?怪我してまで続ける意味があるのか?と運営側やチーム首脳陣に対しても賛否両論で話題になっています。

両膝をコンクリートの上に引きずりながら、擦りむけていく姿に言葉を失いました。

岩谷産業 飯田怜選手とは?

名前:飯田怜
入社:2018年
出身:熊本県

今年入社の新人で、熊本出身ということなので地元九州で一層気合が入っていたのかもしれませんね。

襷を待っていた 岩谷産業 第3区 今田麻里絵選手も涙

飯田選手が襷を運んでくるのを涙を流しながら待っていた今田麻里絵選手。飯田選手が2018年入社で、今田選手が2017年入社なので1歳年上の先輩のようですね。

今年入社の新人が血を流しながら襷を運んでくる姿を見て、思わず涙が堪えられなかったようです。その後の走りも奮闘ぶりが伺えましたね。

 

確かにこの姿を見て飯田選手のゴールへと進む姿に思わず涙を誘われます。

しかし、飯田選手の怪我の具合も心配です。

テレビのニュースで見る限り、足を捻ったようなシーンがあったので捻挫で、足をつけなかったということは骨折の可能性もあります。

2018年入社となっているので一番年下のランナーということもあり、より責任感を感じていたのかもしれませんね。

自分もスポーツをしていた時に、骨折をしたまま試合を続けたこともありました。試合中などはアドレナリンも出ていて、痛みを感じにくいこともあります。

しかし、一刻も早い治療が後遺症を防ぐことも多々あるので、早めの治療が必要だとも思います。一選手として、駅伝のメンバーのひとりとしての責任感は素晴らしく、感動しますがこの怪我が原因で選手生命などに関わってしまうことがないといいのですが。

飯田選手の怪我が大怪我ではないことを祈っております。