Tech Academyオンラインコース受講

テックアカデミーのメンターやカリキュラムは評判通り難しいのか?個人的な感想

こんにちは。

 

テックアカデミーのとあるコースを、オンラインで受け始めて早2ヶ月。

もうすぐコースの期間も終わります。

 

オンラインコースの進め方カリキュラムに沿って、

いくつかのサイトを実際に作りながらという流れです。

 

実際に仮想環境でサイトを作り、Herokuで公開までするので、

かなり実践的な内容となっているのでしょう。

 

ということで、全くのど素人である30代の男が

2ヶ月ひたすらオンラインで頑張ってみて、これまでの率直な意見をまとめてみます。

https://gyazo.com/30307dcfed9f7cfca522bbf1f2df0a5e

 

 

テックアカデミーオンラインコースとは?

最短4週間でエンジニアになれるという触れ込みで
オンラインでプログラミングが学べるオンラインプログラムスクールです。

様々なweb言語に対応し、幅広いカリキュラムが特徴とされています。

どこかの教室に通う必要もなく、PCとインターネット環境さえあれば
どこでも受講できるのが特徴です。

 

 

コースの流れと仕組みについて

 

私は、PHP/Laravelのコースを受講しました。

 

 

各コースそれぞれ期間が選べ、期間に応じて価格が変わります。

4週間、8週間、12週間、16週間

 

コースのスタート日は決まっていますが、

申し込み、支払いの手続きをした日からコースはスタートできます。

 

コース自体はLesson0からテーマごとに章で区切られています。

 

グーグルクロームを使って、AWS(アマゾン)のクラウド9という仮想サーバを使って
カリキュラムを進めていきます。

最初はインターネットやウェブサイトの基礎。

 

HTMLとCSSの基礎やターミナルについて、

そしてPHP、MySQL、Git、Bootstrap、Herokuなどを

学びながらいくつかのサイトを実際のプロジェクトベースで作っていきます。

最初はPHPで、途中からはLaravelを使って進めました。

 

本番と同じ状況で学べるのは非常に魅力的です。

 

メンタリングとメンター

基本的は、受講生1人につき1人担当のメンターがつきます。

そのメンターとは週に2回、30分のメンタリングというオンラインでの面談があります。

 

そのオンライン面談では、カリキュラムの内容について質問をしてもいいし、

プログラミング業界の話などについて話しても良いです。

内容自体は特に決められてはいないようですが、

全体のスケジュール感はアドバイスしてもらえます。

 

 

現役エンジニアに質問し放題!?

テックアカデミーのオンラインコースの特徴の1つとして、
現役のプログラマーに毎日質問し放題というシステムがあります。

 

SLACKというチャットアプリを使って、
15:00〜23:00の間はチャットで質問ができます。

 

メンターさんが複数人おり、
その時間帯がシフトのメンターさんが対応してくれます。

そのため、毎日質問するたびにメンターさんは変わります。

 

私は全くの素人で参加したので、
本当に基本的なことから質問してました。

最初は、エラーの意味も見方も全然わからなかったので、
単純にコードの打ち間違いも多々ありましたよ(笑)

 

ただし、メンターさんも人数に限りがあるので、

対応が遅れる、質問の返答を待つことも多々ありました。

 

特に、週末の夕方以降など
他の受講生が多い時間は、質問が殺到していたのか、
なかなか返答が来ずにその日のうちに解決しないこともありました。

 

 

テックアカデミーオンラインコースを受けてよかったと思う点

 

実際に公開できるレベルのサイトを一から自分の手で作ることができる。
サイトを作る流れが一かわかるので、実践的だと思います。

いい意味で放置、スパルタです(笑)

自分で調べたり、考えないと進まないです。

 

テックアカデミーオンラインコースで悪かったと思う点

カリキュラムで間違えがいくつかあった

カリキュラム通りにいかない時に、SLACKで質問し

「ここがうまくいかないんですけど・・・」

と質問をすると、

「ここはカリキュラムがまだ修正できてないので、気にしなくていいです」

ということもありました。

 

貼ってあるリンクが切れており、アクセスできないこともありました。

 

メンターが本当にそれぞれ。

SLACKでの質問も、エラーが出たら

え!?ナニコレ?というレベルなので、

「こんなんでてますけど・・・・」

と質問しても、

「これは〜のエラーですね。」

 

とか。

 

「え、あー、それで、どうすればいいんですか????」

というやりとりが何度もありました。

 

メンターの方は本当に現役の方ばかりなのだと思います。

おそらくフリーの方なのだと思います。

 

なので、いい意味でも悪い意味でも、教える気があまりありません。

受講生に理解させよう

というよりは、

今出ているこのエラーは?という思考なのだろうなと感じました。

 

 

メンターについて

幸か不幸か、担当のメンターは自分で選ぶことも

後で変えてもらうこともできません。

 

その意味では、当たり外れがあると言ってもいいと思います。

 

ネットでも、メンターについては賛否書かれていました。

人によると思いますし、どう上手に付き合うかかなとも思いました。

 

 

 

まとめ

正直、カリキュラムの内容はかなりハードでした。

最初4週間で受けようと思っていましたが、全くのど素人は無理だと思います。

8週間でカリキュラムを全て終えるのがギリギリでした。
コードを触ったことがある人や、他の言語を使っている人は簡単かもしれません。

 

 

テックアカデミーをオススメする人

オンラインでプログラム言語を学びたい人

比較的、時間にゆとりがある人

独学だけでは勉強できないと思った人

プログラミング言語やインターネットの知識が多少あって
多言語を効率よく学びたい人

 

テックアカデミーはオススメできない人

全くの未経験者であまり時間にゆとりがない人

自分で調べながら学べない人

短期間でみっちりマンツーマンで勉強したい人

 

こんな感じでしょうか。

 

もし興味があって、迷っているなら無料体験がオススメです。

無料体験では、どのような感じで進められるかを体験できますし、
実際にメンターの一人ともメンタリングのように話をすることもできます。