ライフハック

ねぇGoogle、一体あなたは私のことをどう思ってるの?

ちょうど車が欲しいなと思っていたら、車の広告がでていた。

パソコンの勉強したいと思っていたら、オンラインスクールの広告が出ていた。

 

なんてことはないでしょうか?

 

これはたまたまではありません。

Google 広告の透明性向上およびユーザーによる管理の強化

 

2018年6月22日 Googleは「Google 広告の透明性向上およびユーザーによる管理の強化」 として、Googleアカウントを持ったユーザーに新しい「広告設定」を発表しました。

https://japan.googleblog.com/2018/06/googleadsettings.html

 

広告設定にアクセスすると、Googleが考える。
自分のアカウントはどういうことに興味を持っているのか?がわかります。

これはおそらく、検索結果や見ているサイトの履歴などからでしょう。

ごまの広告のカスタマイズ

 

早速、私も見て見ました。

 

性別、年齢、使っているPCや最近気になることなど

確かに・・・・

 

という感じですね(笑)

 

アカウントに登録されている情報、クリックした広告の広告主からのデータ、
Googleが想定する興味がありそうな項目という感じでしょうね。

 

興味のない広告をオフにする方法

私の項目の中に、アメフトというキーワードが出ていました。

アマゾンプライムのオールオアナッシングを見てたからかな?

私がやっていたのはラグビーなのですがね。。。。

 

ということで、アメリカンフットボールは消してみましょう。

 

アメフトファンの方、すいません。。。。

 

興味がない、表示させたくない項目があった場合には、

その項目をクリックすると、上記のようにポップアップが出ます。

オフにする をクリックすると簡単にオフにすることができます。

 

これで、関連する広告の表示が90日間は表示されなくなるそうです。

 

Googleの広告のみなので、他の広告には影響がありません。

 

興味がある方はぜひ一度見て見てください。