ネットビジネス

WordPressサイト高速化が必要になってしまっていた・・・

このサイトも、先日テーマをJINに変えてからというものページのスピード解析をしていませんでした。

ふと、思い立ってどんなもんかと調べてみました。

調べる時に使うのはこちらの2つ

調べた結果、評価が予想以上に悪かった。。。。

サイトの表示速度改善

あまりに悪くて、焦ってスクショも取らずに改善に乗り出しましたので
写真がありませんが・・・

どちらもPage SpeedはF判定。

ワースト判定でした。。。

 

表示速度が下がると、サイトの離脱率も上がってしまい
SEOにも影響が大きいとのこと。

通りで最近アクセス数が伸びないわけだと思い
早速調べ始めした。

 

このサイトはなんとか、F判定からB判定までは改善させることができました。

AFTER

 

表示速度改善のためにやったこと

改善すべきエラーが出ていたのが

PageSpeed Score

  • Leverage browser caching キャッシュの期間指定
  • Defer parsing of JavaScript
  • Minimize request size

YSlow Score

  • Add Expires headers
  • Make fewer HTTP requests
  • Use a Content Delivery Network (CDN)

まずやったことは、画像の圧縮とサイズダウン。

昨日は半日掛けて、アップロードした約800枚の写真をせこせこと
サイズ変更しておりました。

ただ、トップページでしか測定してないから、トップページに表示されている
サムネイル画像のサイズダウンをするだけでもかなり改善されました。

サムネイルはサムネイル用に小さい画像を用意した方が良いようですね。

今まで、記事に使った写真をそのままアイキャッチ画像に設定してしまっていたので、
改善命令が出ていました。

<div class=”concept-box5″>アイキャッチ画像はサムネイル用の小さい画像を設定する。</div>
 
 

後は、JINの公式サイトでも推奨している方法に沿って。

  1. 画像は圧縮してアップロード
  2. アニメーションをOFFにする
  3. 標準フォントを利用する
  4. 高速化プラグインを活用する
  5. Xアクセラレーターを活用する

アニメーションは元々使ってなかったし、フォントも一度標準に戻しました。

プラグインは元々入れてあったので、特に変更なし。

今回、Xアクセラレーターも調べてるとXサーバーのサーバーパネルで設定可能でした。
まだ有効にはなっていなかったので、有効にしてみました。

しかし、こちらはさほど改善の兆しは感じられませんでした。

実感できないところで数値に貢献してるのかもですが。

 

そしてもう一つのサイトもF判定でした。。。

が、こちらのサイトは画像が少なかったのでサムネイルの画像を小さくしてアイキャッチに再アップロードし直してA判定にまで持ってこれました。

ただ、キャッシュのエラーもhtaccessファイルでのキャッシュの期間指定を長くしたのにも関わらず、改善されず。。。

なぜだ?

さらに、gtmetrixではA判定まで改善したのに、googleのsitespeedでは
パソコンの方がLowのまま。。。

 

これもなぜだ・・・

新しいテーマであるJINは、公式サイトでも書いてあるように
表示速度に関してはまだ課題があるとのことです。

 

アップデートなどで、今後の高速化に期待しつつ
自分でももうちょっと調べてみて、改善できるところをやっていくしかないですな。

ただ、高速化、数値の改善は日本語での情報がまだ少ないですね。。。