雑記

情熱大陸に出演 魔法の絵本作家 ヨシタケシンスケさんとは?

先日、たまたま情熱大陸を見ていたのですが、この日の密着が絵本作家のヨシタケシンスケさんでした。

全く知らない人だったのですが、イラストを描いているシーンが映った瞬間「あ、このイラスト見たことある!!」と思い出しました。

イラストだけ見たことある!という方も多いかもしれませんね。

デビュー作の絵本「りんごかもしれない」がベストセラーになり、今大人気の絵本作家さんということだったのでヨシタケシンスケさんのことを調べてみました。

ヨシタケシンスケさんのプロフィール

生まれ:1973年 45歳
出身地:神奈川県
出身校:筑波大学 大学院芸術研究科総合造形コース修了
ご家族:妻、長男、次男

2013年『りんごかもしれない』絵本作家デビュー

シンプルだけどちょっと癖のあるイラストと、独特の視点で描かれる絵本が子供だけでなく大人にも人気の絵本参加さん。

ヨシタケシンスケさんの受賞歴

りんごかもしれない

  • 第6回MOE絵本屋さん大賞第1位
  • 第61回産経児童出版文化賞美術賞

『りゆうがあります』

  • 第8回MOE絵本屋さん大賞第1位を受賞。

『もうぬげない』

  • 第9回MOE絵本屋さん大賞第1位
  • ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞

『このあとどうしちゃおう』

  • 第51回新風賞

 

こどもの本総選挙で4冊がトップ10入り

ポプラ社が開催した2018年小学生がえらぶ「こどもの本総選挙」で、全国12万人の小学生の投票の中、10位以内に4冊がランクイン!

第2位 あるかしら書店

 

絵がとても可愛く、2人で読む本など面白い本がたくさんあるから。何回でも読みたくなる。(小6 女の子)

第3位 りんごかもしれない

この本を読んで、給食のみかんを手に、「これはみかんの形をしたUFOかもしれない」とクラスで盛り上がりました!(小2 男の子)

第7位 このあとどうしちゃおう

おじいちゃんの空想がとてもたのしそうで、しぬのが怖くなくなった。(小2 男の子)わたしのひいおじいちゃんも天国でたのしんでるといいな!(小1 女の子)

第10位 りゆうがあります

自分にも「そうだと思う!」と言うことがたくさん書いてあるから。ストローガジガジコンテストで優勝したい!!!(小3 女の子)

トップ10の約半分をヨシタケさんの絵本がランクインしているのはすごいですね!

ヨシタケシンスケさんの著書

人気の絵本

 

イラスト担当

ヨシタケシンスケさんがイラストを書かれている本も多数あります。

ちょっと固いテーマや難しい話も、ヨシタケさんの柔らかでほっこりしたイラストが和ませてくれて読みやすくしてくれそうですね!

スケッチ集

ヨシタケシンスケさん イラスト

この本は、医療系ドラマにもなったチーム・バチスタの栄光の作者でもある海堂尊さんが書いた本で、イラストがヨシタケシンスケさんだったのです。

この本を持っていて、イラストに見覚えがあったのですぐにわかりました!

ヨシタケシンスケさん グッズ

思わず笑みが出るような可愛いイラストのシールや付箋があるようです。

こんな文房具だと、険悪な職場でも和やかになるかも!?

シールは大人もですが、子供が喜びそうなデザインで可愛らしいですね。

LINE スタンプ

ヨシタケシンスケさんのイラストのLINEスタンプもあるようです。

 
かわいいスタンプで使い勝手も良さそうなのでこれも人気が出そうですね!

まとめ

独特な視点と誰もが目を引くかわいいイラストで人気のヨシタケシンスケさん

絵本ばかりではなく、一般的にはタブー視されているような「生・死」にまつわるような内容の絵本を書かれるなど社会問題や現代日本で当たり前とされていることに対しても疑問を投げかけるような内容の本を今後も出版されそうです。

子供に喜ばれるだけではなく、疲れた大人も思わず引き込まれてしまう、そしてほっこりと癒されるような作品が今後も期待できそうですね。

これからの作品からも目が離せませんね。